テレワーク導入の流れ

テレワーク導入の流れ

導入目的の明確化

テレワークはあくまでも手段であり働き方の一つです。

何のために導入するのか、何を解決したいのか、これから目指そうとしている姿に対して、テレワークを導入することが有効なのか、について考えることが大切です。

テレワークを導入することが目的になってしまわないように、導入の目的を明確にしておきましょう。

mokuteki.png

(出典:厚生労働省「テレワーク導入のためのQ&A」)

導入に向けた準備

目的が明確になればいよいよ導入へ向けた設計を行います。その際、目的に沿った設計になるよう対象者や導入規模に適した構築を行います。
また、使いやすく習慣化できるようにすることも重要です。

テレワークの導入は全社横断的に行われるので、経営層がリーダーとなり各部署からの推進体制を構築して進めていくことが望まれます。

テレワーク導入の流れ
1.業務の見直し運用
  • 業務の棚卸しにより、IT化、見える化等で仕事を見直す
  • 「限られた業務」だけでなく、広く業務を対象
2.ルール・制度
  • 就業規則の見直し、テレワーク規定の策定など
  • 費用負担の取り決め
  • 評価の明確化
  • セキュリティに関するルール策定
    ※労使双方が共通の認識を持つことが重要です。
3.ICTシステムによる環境
  • 規模や目的に合ったICTシステムを導入・活用
  • 選択したテレワークツールやICT環境に合わせたセキュリティ対策
4.テレワーク実施 
評価・改善
  • 試行導入の実施(特にミドルマネジメント層から)
  • 一定期間ごとに効果検証、課題に対して改善していく

テレワーク導入のポイント

目指すテレワークのかたちは一つではなく、期待する効果もさまざまです。導入目的や規模に合うように設計しましょう。

例えば、BCP対策としてテレワークを活用した場合でも、ICTの現状や目的に合わせてさまざまなテレワークのかたちがあります。

テレワークのステップ

参考:緊急時にもできるはじめてのテレワーク(テレワークセンター徳島)

TOPへ