テレワークの説明

テレワークの定義

テレワークのイメージ写真

働き方改革で注目されているのがテレワークです。テレワークとは、「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語で、「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のことです。テレワークを行なう人を、テレワーカーと呼びます。

雇用形態による分類

テレワーク分類図

テレワークは、雇用形態によって個人事業者・小規模事業者などが行う「自営型テレワーク」(例:SOHO、フリーランス、在宅ワーカーなど)と、企業等に勤務する被雇用者が行う「雇用型テレワーク」(例:在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務など)に大別されます。

働く場所による分類

テレワークは「在宅で仕事をすること」でなく、働く場所によって分類する3つの形態『在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務』の総称です。

在宅勤務(自宅利用型テレワーク)
自宅や実家にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。
モバイルワーク
顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。
サテライトオフィス勤務(施設利用型テレワーク)
勤務先以外のオフィススペース(例:サテライトオフィス、社内の別のオフィス、テレワークセンター等)でパソコンなどを利用した働き方。

働き方改革とテレワーク

個人の方は、「雇用関係によらない働き方」という選択が可能な時代がきています。その一つがテレワーク(自営型テレワーク)です。
企業・団体においては、計画的・戦略的にテレワークを導入し、さまざまな課題解決を図る時代になってきています。

一般社団法人日本テレワーク協会のHPにはより詳しく説明されています。
一般社団法人日本テレワーク協会

TOPへ